東海大学付属市原望洋高校の受験情報|偏差値・入試実績・入試・過去問・評判など

東海大学付属市原望洋高校の受験情報|偏差値・入試実績・入試・過去問・評判など

この記事では東海大付属市原望洋高校の受験情報について紹介します。

 

東海大学付属市原望洋高校の偏差値

 

東海大学付属市原望洋高校の偏差値は46~52です。

この数値は県内346校中155位となっています。
 

 
 

東海大学付属市原望洋高校の進学実績

 

私立
  東海大学 早慶上理ICU GMARCH
  総合 現役 総合 現役 総合 現役
2017 216 3 2

 

東海大学付属市原望洋高校の進学実績については、2017年の現役合格人数のみが公開されています。
そのため留年などの学生も含めた総合合格実績は不明としております。

なお、東海大学の付属高校であることもあり、卒業生の約8割が東海大学へ進学するという実績となっています。

しかしその他にも、スーパー進学コースなどといった進学に力を入れたコースも設けているため、近年では早慶上智レベルの合格者も増えつつある傾向にあります。

GMARCHレベルについては受験者の絶対数こそ少ないものの、しっかりと合格実績が出ています。

 
 

東海大学付属市原望洋高校の入試情報(合格点・倍率・入試形式・過去問など)

 

  内容 合格

最低点

倍率
全コース 国語・英語・数学

面接

1.0~1.2

 

東海大学付属市原望洋高校の基本的な試験内容は上記のとおりです。

基本的にどのコースにおいても上記3教科+面接が必須になります。
面接の形式はグループ面接の形態を取ります。
また、合格最低点は公表されていませんが、倍率は1~1.2倍程度ですのでそこまで競争率が高いわけではないでしょう。

また、前期試験でスーパー進学コース以外については、作文とグループ面接のみという入試内容になります。

 

 

東海大学付属市原望洋高校の特徴

 

1年2期制で指導環境に余裕を

東海大学付属市原望洋高校では、生徒の学習環境に余裕を持たせることで自分に合った学習を進めることを大切にしています。

そのため、1~3学期制でめまぐるしく中間・期末テストに追われて一年が終わっていくようなことが無いように、1年で2期制をとっています。

テスト対策に追われる学生生活でないだけでなく、将来を見据えて生徒の希望に沿ったコースが選べるようにカリキュラムが組んであります。

 

無料スクールバスで通学も楽々

千葉の高校と言うと、アクセスが悪い立地にあるイメージがつきがちですが、

東海大学付属市原望洋高校では無料のスクールバスが運行しています。

混雑してかつ遅延も考えられる市営のバスで通うよりは、定刻にきちんと登校できるように配備されたスクールバスでの登校が望ましいと言えます。

 

 

東海大学付属市原望洋高校の口コミ

 

とても良い学校。入学してから成績も他の事も自信がつき、とても伸びる。先生方が子供の個性をみて、それを引き出してくれる、親として入学させてよかったと思える学校です。子供がよく勉強するようになったと思います。

 

東海大学に行く子が多い。最近は医学部や航空方面も進学している。薬学系の大学とも提携ができたようです。他大進学する子もいるようです。

 

運動部も文化部も頑張っている。部活の数は多く、文化部も充実している。

 

芸術鑑賞会や学園オリンピックなどもある。学園オリンピックは全国の付属高校から集まって、運動部は東海大学湘南校舎で行われ、文化系は嬬恋の研修センターで行われる。

 

これらは全てみんなの高校情報からの引用です。

 

 

東海大学付属市原望洋高校の基本情報

 

名称

東海大学付属市原望洋高等学校

 

住所

〒290-0011 千葉県市原市能満1531

 

電話番号

0436-74-4721

 

アクセス

・JR内房線「五井駅」西口(一部東口)→山倉こどもの国行(「望洋高校入口」下車)     20分

・JR内房線「八幡宿駅」→山倉こどもの国行(「望洋高校入口」下車)             20分

スクールバスの路線については学校公式HPにてご確認下さい。

 
 

まとめ

 

以上、東海大学付属市原望洋高校のご紹介でした。

ゆったりとした校風で、広い校舎でのびのびとした学生生活を送ることが出来ます。

自分のペースで落ち着いて将来を考えたい学生にはおススメの大学です。

 
 
 

 
 

千葉県の私立高校入試情報カテゴリの最新記事