桜林高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

桜林高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

この記事では桜林高校の受験情報についてご紹介します。

 
 

桜林高校の偏差値

 

桜林高校の偏差値は、特進コースが43で県内233位、総合コースが39で県内302位です。

 

 
 

桜林高校の進学実績

 

日本大 国士舘大 駒澤大 東海大 拓殖大 目白大 淑徳大
2018 1 2 1 1 1 3 4
2017 3 1 4
2016 1 1 1 1

 

2018年の進学実績は、四年制大学進学が38名、短大進学が14名、専修・各種学校が56名でした。

先生の面倒見がとても良い学校で、近年では四年制大学への進学数が伸びています。

 
 

桜林高校の入試情報(合格点、倍率、入試形式など)

 

前期:男女160名

形式 内容 合格最低点 倍率
前期選抜試験
A日程(推薦)
特進コース 単願:作文・面接
併願:国数英・面接
不明 1.01
総合コース 単願:作文・面接
併願:国数英・面接
不明 1.01
前期選抜試験
B日程(一般)
特進コース 単願・併願共に

国数英・面接

不明 不明
総合コース 単願・併願共に

国数英・面接

不明 不明

 

この他、後期選抜試験、特待生制度、特待チャレンジ・特進チャレンジの方式もあるので、詳細は直接お問い合わせください。

筆記試験や作文、面接など、自分の受ける方式に合わせて準備をしましょう。

 
 

桜林高校の特色

 

・詰め込み式の学習は行わない

少林寺拳法の理念を取り入れている高校で、男子は体育の授業で武道を習得します。

学習を進学や就職目的と捉えず、社会で生きるための自信と力を養う手段として指導を行なっています。

1クラスはおよそ20~40名弱で、各学年5~6クラス編成になり男子が多めの学校です。

学校の様子は、公式twitterで随時チェックすることができます。

 

・各コースで自分に合った授業を

朝読書から1日が始まり、特進コースでは大学の現役合格を目指し、少人数のメリットを生かして生徒個人とじっくり向き合う指導が中心です。

「ベネッセファインシステム」や「スタディサプリ」の利用、夏季・冬季の講習などの他、提携する大学の協力により進路選択の意識を高めています。

総合コースでは、専門学校や就職など、生徒の幅広い人生設計に向けたカリキュラムを用意しています。

電子黒板の導入により多様な授業の展開が可能になった上、生徒と接する時間が増えサポートに力を入れられるようになりました。

 

・レベルの高い部活動も魅力

部活動も盛んで、少林寺拳法部のインターハイ優勝、硬式野球部は県大会ベスト16進出の経験があります。

陸上部は県大会や関東大会、卓球部も県大会の出場経験があります。

書道部は「書の甲子園」で多数の入選を果たし、和太鼓部はコンテストに出場しています。

 

・校則はやや厳しいが制服は人気

校則に関しては、他の私立高校よりやや厳しいという声もあります。

月に1度の検査で髪型や前髪の長さ、スカート丈や靴下の長さなどをチェックします。

携帯は朝の時点で回収し、放課後返却されます。

女子の制服はかわいいと評判が高く、ベストやセーターなどの着回しができます。

 
 

桜林高校の口コミ

 

小規模で、風通しのよい、私立にしては庶民的な高校です。
中学の成績が、中の中ぐらいの我が子が、ほとんどの試験で上位でした。あまり、中学では勉強が好きではなかったのですが、おかげで勉強意欲が湧いてきたようです。
先生方も、とても友好的でした。まわりの生徒さん達も、特に問題行動もなく、楽しい学校生活を送っています。

 

近年学力的にも伸びて来ていて、学校での成績がよければ都内の有名な大学にも進学できます。その際にも先生がとてもよく相談に乗って下さいます。

 

少林寺拳法の授業や先生方の指導のおかげで、礼儀や挨拶など人としての部分がとても成長できた気がします。

 

努力次第でどう変わる事もできる高校です。学校生活を送る内に、変わりたいという思いが自然と湧いてきます。

 

文化祭や球技大会など充実しています。1年で大学の説明会、2年でオーストラリア研修、3年でディズニーに行けます。

 

こちらの口コミは、みんなの高校情報から引用しています。

 
 

桜林高校の基本情報

 

住所

千葉県千葉市若葉区桜木北1-17-32

 

電話番号

043-233-8081

 

アクセス

JR総武本線「都賀駅」より徒歩18分

千葉都市モノレール「桜木駅」より徒歩5分

 
 

まとめ

以上、桜林高校の紹介でした。

これからの人生を見据え、社会で生きていく力を養う点を重視する高校です。

気になる高校は、積極的に情報を集め実際に見学することをおすすめします。

 
 
 

 
 

千葉県の私立高校入試情報カテゴリの最新記事