和洋国府台女子高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

和洋国府台女子高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

この記事では和洋国府台女子高校の受験情報について紹介します。

 

 

和洋国府台女子高校の偏差値

 

和洋国府台女子高校には、3つのコースがあります。

偏差値および千葉県内での偏差値ランキングは以下の通りです。

 

コース名:偏差値、偏差値ランキング(千葉県内)

特進:64、39位

進学:52、130位

ファッションテクニクス:50、146位

 

 

 

和洋国府台女子高校の進学実績

 

国立
大学名 2018
千葉大学 1
東京外国語大学 1

 

私立
大学名 2018
早稲田大学 2
上智大学 1
明治大学 1
立教大学 0
中央大学 1
法政大学 2
学習院大学 3
東京理科大学 2
日本大学 15
東洋大学 4
駒澤大学 1
専修大学 6
神田外国語大学 10
東邦大学 9
和洋女子大 56

 

2018年の4年制大学進学率は81.4%(162名)です。短大へは4.5%(9名)。専門学校へは7.0%(14名)が進学しました。

国公立へはかなり厳しいようですね。早稲田・上智・GMARCHへも、個人の努力次第、といったレベルです。
日東駒専がチャレンジレベルのようですね。

多くの生徒は和洋女子大学への進学か、神田外国語大学も人気です。

 

 

和洋国府台女子高校の入試情報(倍率、合格点など)

 

募集定員・倍率・合格最低点

 

2018 出願方法 募集※ 受験者数 合格者 倍率 合格最低点
特進 単願 30 3 3 1
併願 15 14 1.07
一般 16 3 5.3
進学 単願 95 44 44 1
併願 105 99 1.06
一般 24 11 2.18
ファッション
テクニクス
単願 25 10 10 1
併願 25 20 1.25
一般 0 0

※募集人員についてのみ、2019年実施の入学試験募集要項から抜粋したデータです。

 

 

和洋国府台女子高校の特色

 

教育方針として「女性の自立」を掲げています。今の時代に適している、素晴らしい方針ですね。

また目指す生徒像として「凛として生きる」というのもあります。

文化教育・礼儀作法などの教育もあるようで、勉強のみならず幅広い人間教育を大切にされているようです。

一方で特進コースは、7時間授業で国公立・難関私大合格を目指すコースとされていますので、勉強に打ち込める環境も用意はされています。

 

 

和洋国府台女子高校の口コミ

 

施設は県内でもトップを争うと思います。
有名私立大学よりも綺麗なところもあります。体育館、図書館は新築でとても綺麗です。
体育館は四階建てで温水プール付きで、講堂は二階席もあります。トイレはどこも音姫や自動の手洗い場が付いています。

 

古風でスカート丈が長いのであげる人もいますが、
夏服はとても可愛いと思います。
制服が目当て、という人も中にはいます。

 

付属大学に看護学部ができましたので、今後は進路実績もかわってくるかと思います。
特進クラスの実績も伸びてきている様ですし、普通科は2年生から理数系 文化系と分かれますが、理数志望が増えている様子です。
付属大学があるのは魅力ですが、推薦含め外部大学へも十分対応できる勉強力だと思います。学校も内部進学を勧めている感じは受けません。特進クラスは国公立大学に対応できるように対策しています。

 

先生との距離が近く、なんでも相談できる。
校舎も綺麗で文句無しでした。
個性の強い子が多くて女子だけなので何事にも全力で取り組めます。

 

ダンス部、卓球部、演劇部、バトン部などは各大会で好成績を残していて今年は全国大会優勝という快挙を達成しました。勉強と部活の両立もしやすく、とても恵まれていると思います

 

※これらは全てみんなの高校情報からの引用です

 

 

和洋国府台女子高校の基本情報

 

名称

和洋国府台女子中学校高等学校

 

住所

〒272-8533 千葉県市川市国府台2-3-1

 

電話番号

TEL.047-371-1120

 

アクセス

・『市川駅』北口下車 [JR総武線]

京成バス1番 松戸駅・松戸営業所行き 約8分(京成バス時刻表)『和洋女子大学前』下車

 

・『松戸駅』西口下車 [JR常盤線・地下鉄千代田線・新京成線]

京成バス1番 市川駅行き 約20分(京成バス時刻表)『和洋女子大学前』下車

 

・『国府台駅』 [京成電鉄]

国府台駅より徒歩10分

 

・『矢切駅』 [北総開発鉄道]

京成バス 市川駅行き 約7分(京成バス時刻表)『和洋女子大学前』下車

 

・バス料金

市川 – 和洋女子大前(220円)、松戸 – 和洋女子大前(290円)、

矢切 – 和洋女子大前(170円)

※上記料金は大人料金です。

 

 

まとめ

 

以上、和洋国府台女子高校についての紹介でした。

いかがだったでしょうか。

口コミからですが、女子校ということや、またファッションテクニクスという珍しいコースがあることから、個性が強い生徒が多いようです。

普通科のみの高校などと比較して、様々な生徒が同じ学校に通うことになります。

高校生の多感な時期に、自分とはまったく趣味が違う友達に出会うことは、とても刺激的で楽しく、その出会いが人生の選択肢を広げてくれることでしょう。

また進学実績に関しては、難関私学への指定校推薦の枠もあるようで、本人が本気で行きたければ行ける、という道は準備されているはずです。
偏差値が高い大学に行くことだけが良いことなのではなく、本人が望む進路を選択できるような、進路指導を行っているようですね。

女子だけという特殊な環境を味わってみたい方、女性としての個性を伸ばしていきたい方にオススメの高校です。

 
 
 

 
 

千葉県の私立高校入試情報カテゴリの最新記事