千葉女子高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

千葉女子高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

この記事では千葉女子高校の受験情報についてご紹介します。

 
 

千葉女子高校の偏差値

 

千葉女子高校の偏差値は、普通科が57で県内91位家政科が56で100位です。

 

偏差値の近い私立高校はこちら

中央学院高校 特進(58)
千葉明徳高校 特進(57)
千葉敬愛高校(56)

隣接する学区内で偏差値の近い公立高校はこちら

千葉南高校(59)
検見川高校(58)
市立習志野高校(56)

 
 

千葉女子高校の進学実績

 

国公立
千葉大 新潟大 高崎経済大 愛知教育大 帯広畜産大 千葉県保健医療大
2018 1 1 3
2017 1 1 4
2016 1 1

 

私立
東京女子医大 学習院大 MARCH 津田塾大 日本女子大 東京女子大
2018 1 7 9 2 4 6
2017 1 9 10 1 4 7
2016 5 19 2

 

2018年度卒業生は、四年制大学進学が233名、短大24名、専門学校等21名などで現役進路決定率は91.0%でした。

2018年のMARCHの内訳は、明治大2名、青山学院大1名、立教大2名、中央大1名、法政大3名です。

指定校推薦の枠も多いため、進学希望の人は早めに目標を定めておくことをおすすめします。

 
 

千葉女子高校の入試情報(合格点、倍率、入試形式など)

 

普通科:280名、家政科:40名

 

形式 内容 合格最低点 内申点平均 配点 倍率
前期選抜 1日目:国数英理社
2日目:集団面接
280前後 89~131 学力試験500点+
内申点135点+
他35点+
2日目検査30点
=合計700点
2.11
後期選抜 国数英理社 280前後 86~123 学力試験500点+
内申点135点
=合計635点
1.89

 

千葉女子高校は、学区に関係なく県内どこからでも受験できます。

前期試験の2日目には集団面接を行い、受験生5名に対し面接官3名の体制で15分ほど実施します。

面接の点数が30点と高いため、過去問だけでなく面接の対策もしっかり行ないましょう。

 
 

千葉女子高校の特色

 

・110年以上の歴史を重んじる伝統校

1900年創立の千葉女子高校は長い歴史と伝統を受け継ぎ、教養と品格を兼ね備えた女子生徒を育成する高校で、普通科と家政科に分かれています。

2014年、普通科に県内初の教員基礎コースが設置され、提携大学の教員による講義や支援学級などの実習が受けられます。

家政科では専門科目によって資格取得ができる他、進学希望者のためのサポートも充実しています。

3年に1度の船旅や百人一首大会など、独自の楽しい行事も人気があります。

 

・現役進学率が9割を超える

千葉女子高校は現役の合格者数が多いことでも知られ、2017年度の現役進路決定率は92.9%という高い数値が報告されています。

毎日の学習に加え、朝や放課後、土曜の補習、夏期・冬期休暇の課外授業など教師による手厚いサポートで現役合格へと導きます。

また、国際交流にも力を入れており、習熟度別の少人数クラスやホームステイプログラムなど、レベルの高い英語教育が受けられる点も魅力です。

 

・全国レベルの部活動で思い出作り

千葉女子高校の部活動は体育系が13部、文化系が24部あります。

体育系ではなぎなた部が各大会で優勝・準優勝などを果たしており、文科系ではオーケストラ部が全国大会で金賞を受賞した他、合唱部、マンドリン・ギター部なども優秀な成績を収めています。

また、書道部や弁論部、文学部なども大きな大会で活躍しています。

 

・歴史と伝統を誇る清楚な制服

制服は紺のジャケットとスカートで、学年ごとに色が変わるネクタイと白いソックスを着用します。

スカートの長さなど制服には厳しい決まりがありますが、生徒は学校の方針を理解し素直に従う傾向にあります。

制服以外に関しての校則は、やや緩めという意見も聞かれます。

 

千葉女子高校の口コミ

 

素敵な友人、先生方と出会えます。学校全体の雰囲気としては、歴史と伝統に固執しがちな印象がありますが、入学当初は息苦しく感じていたそれらが全く気にならなくなるほど楽しい生活がおくれます。本当にみんな良い人、良い先生ばかりです。英語学習に力を入れていて国際交流の機会もあり、そういった事に興味のある人は希望制で参加できます。この学校を選んで、入学して、本当に良かったです。

 

何よりも推薦が多いというのが特徴です。良い大学が揃っているので、推薦で進学する子が多いです。私も推薦をいただけたお陰で、試験を受けずに大変良い大学に入ることができ、現在好きなことを勉強できています。進路指導担当だけでなく、担任の先生、授業の先生も熱心に対応してくれます。

 

とても良い学校です。先生方は優しくしっかりと指導してくださり、この高校に入ってよかったと心から思える場所だと思います。私が入学した家政科では3年間同じクラスでした。しかし、それだからこその絆があると思いますし、逆に気を使わず楽しく生活することができます。

 

この高校では礼儀を学ぶことができます。特に100年以上の歴史もあり、千葉県で1番古い女子高校ということで礼儀作法に関しては割と厳しめかと思います。式典では特にそれが目立ちます。女性としての品格を身に付けたいのならば、是非入学をお勧めします。

 

文化祭や体育祭など女子しかいない分騒がしく楽しくやっているようです。3年に1度の船の旅では船を貸切にして横浜に行きます。

 

こちらの口コミは、みんなの高校情報から引用しています。

 
 

千葉女子高校の基本情報

 

住所

千葉県千葉市稲毛区小仲台5-10-1

 

電話番号

043-254-1188

 

アクセス

JR総武線「稲毛駅」より徒歩12分

千葉都市モノレール「穴川駅」より徒歩15分

 
 

まとめ

 

以上、千葉女子高校の紹介でした。

歴史と伝統のある女子校ならではの雰囲気がありますね。

勉学と部活動の両立、そして品格と礼儀を身につけたい人にオススメの高校です。

 
 
 

 
 

千葉県の公立高校入試情報カテゴリの最新記事