千葉工業高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

千葉工業高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

この記事では千葉工業高校の受験情報について紹介します。

 

 

千葉工業高校の偏差値

 

千葉工業高校には5つのコースがあります。

偏差値および千葉県内での偏差値ランキングは以下の通りです。

 

コース名:偏差値、偏差値ランキング(千葉県内)

理数工学:49、155位情報技術:48、166位

電気:45、208位

電子機械:45、208位

工業化学:42、253位

 

偏差値の近い私立高校はこちら

・千葉経済大学附属高校(53)
・敬愛学園高校(51)
・千葉英和高校(50)

隣接する学区内で偏差値の近い公立高校はこちら

・千城台高校(52)
・土気高校(51)
・千葉商業(50)

 

 

千葉工業高校の進学実績

 

過去3年間の進学実績(千葉工業高校公式ホームページより)

区分 進学先・就職先
大学 長岡技術科学大学・東京電機大学・千葉工業大学・東海大学
日本大学・国士舘大学・日本工業大学・埼玉工業大学
工学院大学・千葉経済大学・ものづくり大学・敬愛大学
神田外国語大学・獨協大学・千葉商科大学・芝浦工業大学
中央大学・仙台大学・淑徳大学・他
短大 国立清水海上技術短期大学校・千葉職業能力開発短期大学校
千葉明徳短期大学
専門学校 読売自動車大学校・国際航空専門学校・専門学校 HAL 東京
千葉デザイナー学院・東洋理容美容専門学校・千葉調理師専門学校
大原補記公務員専門学校・国際理工情報デザイン専門学校・他

 

〇2018年の進路状況

大学進学が全体の16.2%、短大が3%、専門学校が12.4%となっています。・就職は、民間企業・公務員併せて65.8%となっております。

 

進学者こそ多くないもののその専門性を活かして、過去3年間で難関大学への合格者も輩出しています。

また4年制大学を選択しなかった生徒の内訳として、就職が圧倒的です。

工業高校での学びを活かせば、社会にとって即戦力になりえることを示していますね。

 

 

千葉工業高校の入試情報(倍率、合格点)

 

募集定員・倍率・合格最低点

2017 選抜方法 募集人員 倍率
理数工学 前期選抜 40 0.65
情報技術 80 1.17
電気 80 1.46
電子機械 80 0.95
工業化学 40 1.17

参考:みんなの高校情報

 

千葉工業高校公式ホームページでは、

過去の入試結果に関するデータは公開されておりません。

 

合格に必要な内申点

 

合格者の内申点分布
コース 区分 内申点分布
理数工学 前期 83~122
情報技術 前期 75~111
電気 前期 77~109
電子機械 前期 68~107
工業化学 前期 71~99

 

配点
コース 区分 学力試験 内申点 2日目検査 合計
理数工学 前期 500 200 150 850
情報技術 前期 500 200 150 850
電気 前期 500 200 150 850
電子機械 前期 500 200 150 850
工業化学 前期 500 200 150 850

 

 

千葉工業高校の特色

 

学校全体としての特徴は、1年生から普通科目と同時に専門科目の授業があることです。

専門科目は教室の授業と実習室での授業があり、ものづくりの基礎の勉強をします。

実習は5人から10人の少人数で行われます。

また部活動は体育系と文化系のほかに、工業ならではのものとして、機械系の自動車部、機械発明創作部、旋盤競技部、電気・情報系は電気発明創作部、コンピュータ技術研究部などがあり、各種大会に参加しています。

以下、各科の特徴です。

理数工学科

「理工系 大学進学」を目指す学科です。
一般入試の他、推薦入試やAO入試にも対応できる指導を丁寧に行い、進路実現を目指します。
また定期的に模擬試験「スタディーサポート」「進研模試」を実施しています。
工業科目では、機械・建築・電気電子・情報技術などの基礎を幅広く学び、大学進学後も即戦力となる技術の習得をします。

 

情報技術科

コンピュータを中心とした分野で活躍できる技術者の育成をめざし、電子回路やプログラミングなどの基礎知識を土台に、コンピュータの仕組みや使用方法とシステム技術などを学習します。

 

電気科

電気に関する基礎的な知識・技術を学ぶための学科です。
iPadを最大限に活用し、プログラミングや情報検索等でICTを活用する力を身に付ける授業を行っています。
「Apple銀座」に行き、FieldTripと呼ばれる特別授業に参加するなど、校外での学習もあります。

 

電子機械科

機械工学を中心に電子技術とコンピュータを総合的に学び、電子機械技術者の育成をめざします。

 

工業化学科

化学の基礎を中心に学習するとともに、工業的製造技術・各種分析の方法・環境保全の仕方などを、教科書だけでなく実習によって実際に体験し、工業の技術を身につけます。
卒業後は化学系製造業やその他製造業において、品質管理や製品開発、分析機関での調査分析など多方面で活躍しています

 

 

千葉工業高校の口コミ

 

工業高校独自の専門の科に別れており、その道に属した勉強をしっかりしてくれます。卒業するまでにいろいろな資格を取ることを推奨されているし、取った資格に応じて点数があり卒業式の時に表彰されるそうです。生徒のやる気を引き出してくれるので、とても生徒の意欲が強いです。

 

部活はいろいろとありますが、工業高校なのでロボット関係の部活が人気があり良い成績もおさめているようです。それと、運動系では、野球部が結構活躍しているようです。

 

いろいろな科があるので、科ごとに完全に分かれていて、その科にに沿って必要な教室、設備もそろっているようです。歴史がある学校なので、少し古いですが掃除も徹底されているのでとてもきれいです。

 

就職ならば大手企業、将来安泰の職などの素晴らしい求人がきている、進学ならば芝浦工大、東京電機大学などの指定校推薦がきている、すべて評定で決まるので5を取ってさえいれば選択肢は豊富である

 

40人のクラスに女子が1~2人くらいで、ほとんど男子校のような学校です。和気あいあいとしていて、仲もよくノリの良い生徒が多いのでとても楽しく学校生活を送っているように思います。少しふざけてしまうことがあっても、いじめがあったというのは聞いたことがありません。

 

※これらは全てみんなの高校情報からの引用です

 

 

千葉工業高校の基本情報

 

名称

千葉県立千葉工業高等学校

 

住所

〒260-0815

千葉県千葉市中央区今井町1478

 

電話番号

TEL:043-264-6251

FAX:043-268-5524

 

アクセス

JR外房線蘇我駅より徒歩20分またはJR総武線・成田線千葉駅よりバス20分

 

まとめ

 

以上、千葉工業高校についての紹介でした。

いかがだったでしょうか。

専門分野は決まっているけれど、短大と専門学校で迷っている生徒や、進学をするか就職するかで迷っているという生徒にとっては、非常にオススメの学校です。

5つものコースに別れるだけあって、それぞれの専門性は高いですし、生徒の熱意も高いと言えます。

仕事にしたい分野があるのであれば、このような学校で専門性を高めていくことが、大きな強みになるでしょう。

 
 
 

 
 

千葉県の公立高校入試情報カテゴリの最新記事