大多喜高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・評判など

大多喜高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・評判など

この記事では大多喜高校の受験情報について紹介します。

 
 

大多喜高校の偏差値

 

大多喜高校の偏差値は51です。

千葉県内の高校偏差値ランキングでは136位となっています。

 

 

 

大多喜高校の進学実績

 

国公立 千葉県立保健医療大学 都留文科大学 滋賀大学 琉球大学
2018 1 1 0 0
2017 1 0 1 1
2016 2 0 0 0

 

私立 淑徳大学 千葉工業大学 MARCH 日東駒専
2018 9 6 1 6
2017 10 4 2 11
2016 8 2 6 16

 

公立では、毎年、千葉県立保健医療大学に合格者を出しています。

私立では、淑徳大学、千葉工業大学などに多数合格しています。

また、例年、MARCH、日東駒専の合格者を出しています。

 

 

大多喜高校の入試情報(合格点、倍率、入試形式など)

 

内容 合格点 倍率
前期選抜 学力検査(英国数理社)+調査書+面接 200~390点 1.3倍
後期選抜 学力検査(英国数理社)+調査書+面接 170~405点 0.6倍
海外帰国生徒の特別入学者選抜 学力検査(英国数理社)+調査書+面接+海外在住状況説明書

 

合格者の内申点平均 配点
前期選抜 85点〜133点 学力試験500点+内申点255点+2日目検査60点=合計815点
後期選抜 81点〜127点 学力試験500点+内申点135点=合計635点
海外帰国生徒の特別入学者選抜 学力試験500点+内申点255点+2日目検査60点=合計815点

 

毎年、前期選抜の方が、後期選抜より倍率が高い傾向にあります。

後期選抜の倍率は、ここ数年、1.0倍付近で推移していましたが、2018年は、0.6倍と例年を大きく下回りました。

2日目検査の面接は、受験者4名の集団面接で、時間は1グループ30分です。

「志望の動機」「自己理解と表現」「質問に対する応答」「面接への姿勢」の4つの評価項目がありますので、それらの点を意識して対策をするようにしましょう。

 

 

大多喜高校の特色

 

大多喜高校は、1900年創立の地域の伝統校で、大多喜城の城内にあるという珍しい立地です。

大多喜高校は、7時間授業の採用勉強合宿の実施を通じて、学力向上に取り組んでいます。

進路に関しても、進路別ガイダンスなどを通し、各自の進路に合わせた進路指導が行われています。

卒業生の約80%は進学し、そのほかは、就職するなどしています。

部活動加入率は、90%以上と高く、部活動が活発だと言えます。

近年、卓球部や剣道部はインターハイに出場、柔道部や陸上部は関東大会に出場しています。

 

また、大多喜高校の付近を走る、いすみ鉄道存続ためのボランティア活動などの取り組みも行われています。

 

 

大多喜高校の口コミ

 

みんな落ち着いてていじめもなく、過ごしやすい学校だと思います。

 

校則はありますが、基本的なことしかないので厳しいと感じることはないと思います。

 

毎年のように関東大会出場を決める部活もあり、部活動に励んでいる生徒は多いですね。

 

球技大会、文化祭、体育祭、修学旅行や遠足、みんなが楽しんで行っています。

 

有名なモリハナエさんがデザインしたということもあって、女子生徒の制服、特に冬服がとても可愛く人気がある。

 

これらは全てみんなの高校情報からの引用です。

 

 

大多喜高校の基本情報

 

住所

〒298-0216 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481

 

電話番号

0470-82-2621

 

アクセス

いすみ鉄道大多喜駅より徒歩7分

 

 

まとめ

 

以上、大多喜高校の紹介でした。

いかがだったでしょうか。

地域の伝統校で大多喜城の城内にあるということで、落ち着いた環境で3年間生活できる学校だと思います。

また、いすみ鉄道を支援するボランティア活動をしているということなので、興味がある人にはおすすめです。

 

 
 

 
 

千葉県の公立高校入試情報カテゴリの最新記事