京葉工業高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

京葉工業高校の受験情報|偏差値・進学実績・入試・過去問・評判など

この記事では京葉工業高校の受験情報についてご紹介します。

 
 

京葉工業高校の偏差値

 

京葉工業高校の偏差値は全ての科が44で、県内223位です。

 

 
 

京葉工業高校の進学実績

 

日本大 二松学舎大 関東学院大 千葉工業大 日本工業大 ものつくり大 千葉商科大
2018 1 1 1 4 2 1 2

 

2018年の進路状況は、進学が56名、就職が163名と報告されています。

京葉工業高校の公式サイトによると、2017年の進学先は千葉工業大学、日本工業大学、千葉商科大学、東京情報大学など、2016年はこの他に日本大学、拓殖大学などのデータが公表されていますが、人数は記載されていません。

 
 

京葉工業高校の入試情報(合格点、倍率、入試形式など)

 

機械科80名
形式 内容 合格最低点 内申点平均 配点 倍率
前期選抜 1日目:国数英理社
2日目:集団面接
120前後 63~104 学力試験500点+
内申点135点+
他90点+
2日目検査105点
=合計830点
1.03
後期選抜 なし

 

電子工業科80名
形式 内容 合格最低点 内申点平均 配点 倍率
前期選抜 1日目:国数英理社
2日目:集団面接
115前後 55~98 学力試験500点+
内申点135点+
他90点+
2日目検査105点
=合計830点
1.09
後期選抜 なし

 

設備システム科40名
形式 内容 合格最低点 内申点平均 配点 倍率
前期選抜 1日目:国数英理社
2日目:集団面接
110前後 67~97 学力試験500点+
内申点135点+
他90点+
2日目検査105点
=合計830点
1.00
後期選抜 なし

 

建設科40名
形式 内容 合格最低点 内申点平均 配点 倍率
前期選抜 1日目:国数英理社
2日目:集団面接
140前後 73~107 学力試験500点+
内申点135点+
他90点+
2日目検査105点
=合計830点
1.13
後期選抜 なし

 

京葉工業高校では、2日目に集団面接を実施しています。

受験生5名に対し面接官が3名で約20分行ない、募集要項に記載された7つの項目について審査します。

先生と相談しながら、適切な対応ができるよう面接の練習も行ないましょう。

 
 

京葉工業高校の特色

 

・高い技術力を誇る専門教育

2010年に創立50年を迎えた京葉工業高校は、機械科と電子工業科が各学年2クラス、設備システム科と建設科が各学年1クラスで編成されています。

各科ごとに基礎から丁寧に学び、在学中に様々な資格を取得できる点が魅力です。

毎年、生徒全体のおよそ5割強が就職し、5割弱が進学している状況です。

 

・各科で技術の基礎を固める

機械科は、機械による加工技術や設計・製図などを学習し、資格取得を目標に工業の分野で活躍できる人材を育てます。

電子工業科は、実習を通して電気や電子に関する基礎から学び、2年次から「制御・マイコンコ一ス」と「通信・ネットワークコース」に分かれて専門性を高めます。

県内では京葉工業高校のみに設置されている設備システム科は、快適な空間を維持する技術を学べる科です。

2年次から環境や施工に技術を学ぶ「設備コース」と、ネットワークやマルチメディアについて学ぶ「システムコース」に分かれます。

建設科は、2年次から住宅やビルなどについて学ぶ「建築コース」と、道路やトンネル、橋などについて学ぶ「土木コース」に別れてより高い技術を習得します。

 

・技術を生かした部活動もある

京葉工業高校の部活動は、14の運動部と11の文化部で構成されています。

レスリング部は過去に全国大会での優勝経験があるため、強豪校として有名です。

また、自動車部も全国大会で優勝、経済産業大臣賞の受賞も果たしています。

建設研究部やマイコン研究部は関東大会の出場経験があり、各コンテストやコンクールでの多数の受賞歴があります。

 

・校則は社会に出る準備の1つ

京葉工業高校の制服は、男子が学ラン、女子が紺のジャケットとプリーツスカートにリボンを着用します。

月に1度の検査では、作業の邪魔にならないよう頭髪や服装、爪などについて厳しい指導があります。

その他、運転免許やアルバイトについての校則も定められています。

 
 

京葉工業高校の口コミ

 

物づくりの方面に進路を考えているひとには最高の学校です。在学中に各種国家資格が取れるのが魅力です。先生方が丁寧に指導して下さいます。

 

工業系の勉強が好きならとても充実した環境があるし、高校卒業後の就職はおそらく他の高校よりはるかに求人が多いのでとてもいい学校です。

 

就職率はほぼ100パーセントです。大手企業からも求人がきます。進学希望の人は、指定校推薦などで工業系の大学に進学できるチャンスがあります。

 

基本的な印象では「熱い」先生が多い印象です。教育熱心で、学習の進度が遅い生徒にもしっかりと寄り添ってくれて、先生のほうから、補講、補習などの対応を提案、実施してくださいます。

 

文化祭は結構盛り上がります!工業高校なので普通科高校には無いような出し物があるので実際に足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

文化祭では授業などで培った技術などを活かして自分たちでLiveステージを組み立てたり、3メートル大のオブジェを建設したりします。

 

こちらの口コミは、みんなの高校情報から引用しています。

 
 

京葉工業高校の基本情報

 

住所

千葉県稲毛区穴川4-11-32

 

電話番号

043-251-4197

 

アクセス

JR総武線「稲毛駅」より徒歩15分またはバス

JR総武線「千葉駅」からバス

千葉都市モノレール「穴川駅」より徒歩6分

 
 

まとめ

 

以上、京葉工業高校の紹介でした。

いかがだったでしょうか。

ものづくりが好きな人、将来は工業の分野で働きたい人にオススメの高校です。

面倒見の良い先生が多い点も魅力ですね。

 
 
 

 
 

千葉県の公立高校入試情報カテゴリの最新記事